障害者施設の事例

施設名: 共同生活援助(グループホーム)

吃音の方が偽りの苦情を言い担当変更した事例

対応者

対応者

対応者 ボランティアその他

対応者 男性

お相手

対応者

寝たきり度 わからない

認知症の状況 わからない

性別 男性

事例・対処法の要点まとめ

吃音の方が偽りの苦情を言い担当変更した。

Aさんから職員へ苦情が入り担当を変えて欲しいと言われたそうですが、私からも同じく職員へ相談しています。そこはAさんから一方的な話に至らずに済んだとは考えていますが、エネルギーを使って言葉を並べて説明しないことには理解を得ることは難しい感じでした。

例えば私の場合Aさんに職員からの信用があるので、Aさんの言い分が正解であると考えられていました。こういうケースは決して少なくないと思います。グループホームを利用される方の中には職員をいじめる方もいると聞きますが、いじめとまではいかなくても、好き嫌いをはっきり伝える方もいます。そんな時事が起きてからでは内心戸惑うので、こういう事があるとあらかじめ知っておくことは大事な事と考えています。本音で職員と話ができていれば安心です。

記事をチェック

SNSで知り合いにシェア

facebook

line

twitter

トラブルが起きた背景

Aさんは喋る時に吃音というのがあり、当然私はその辺は気にしていませんでした。Aさん自身もそのことについて自分から話すこともなかったですが、Aさんのご家族は気にかけていらっしゃいました。Aさんの意思表示について私が誤解したようで、他の職員さんに相談した時に責められることがありました。男性であることからとても難しいと感じました。そのことが原因で外され鬱のような感じになりました。また、Aさんは高学歴で公務員という経歴のために周囲の信用もあるらしく、Aさんが言う苦情などはほとんど信憑性があるとして職員さんは対応していました。

対応者の中での対応

Aさんから職員へ苦情が入り担当を変えて欲しいと言われたそうですが、私からも同じく職員へ相談しています。そこはAさんから一方的な話に至らずに済んだとは考えていますが、エネルギーを使って言葉を並べて説明しないことには理解を得ることは難しい感じでした。

今後同じ事例が起きた時の対処法

例えば私の場合Aさんに職員からの信用があるので、Aさんの言い分が正解であると考えられていました。こういうケースは決して少なくないと思います。グループホームを利用される方の中には職員をいじめる方もいると聞きますが、いじめとまではいかなくても、好き嫌いをはっきり伝える方もいます。そんな時事が起きてからでは内心戸惑うので、こういう事があるとあらかじめ知る必要は大事な事と考えています。本音で職員と話ができていれば安心です。

記事をチェック

SNSで知り合いにシェア

facebook

line

twitter

介護施設の事例一覧へ